ヘーベルハウス多摩支店について

ヘーベルハウスの家づくり

ヘーベルハウスの家づくり
旭化成の考えるロングライフデザインは、高性能な住宅システムに裏づけされたシェルターに、安心して、快適に、自由にそして長く大切に住んでいただける住宅をデザインすることです。へーベルハウスのビルディングシステムは、ここで改めて説明するまでもなく、非常に高いレベルでデザインされています。長年、へーベルという素材の使い方を研究し、その高いポテンシャルを最大限引き出し、耐久性、耐震性、耐火性、断熱性、遮音性といった性能を高いレベルで実現できるシステムとして出来上がっています。つまり、へーベルハウスを建てると決めたなら半分はいい家ができているといってもよいと思います。

多摩地域の土地を活かした家づくり

多摩地域の土地を活かした家づくり
旭化成ホームズ、多摩支店では、家を建てる前に大切な土地探しからお手伝いします。当然のことですが、家を建てるには土地が必要です。意外と知られていないのが、不動産の落とし穴。たとえば、地盤の善し悪しがあります。もしも、地盤調査で軟弱地盤と判定されれば、基礎を固める工事費が必要になります。また、水が溜まりやすい地形かどうか、地震などの自然災害が起きても大丈夫かどうか、傾斜地であればそのまま利用できないので、盛土や切り土によって平に造成します。私たちは、多摩地域に密着した豊富なデータをもとに土地探しを含めた家づくりをご提案します。「どこからどのように探せばいいの?」という方、ぜひ、私たちにお任せください。

へーベルハウスのメンテナンス

へーベルハウスのメンテナンス
へーベルハウスのメンテナンスはじめにしっかり頑丈に造り、きちんと管理していくことで永く住み続ける。それがへーベルハウスの「ロングライフ住宅」主要構造材は60年以上メンテナンス不要の高い耐久性を実現するとともに、その他の部材や塗装などは、30年目の集中メンテナンスで60年以上の耐久性を確保できるようにしています。

へーベルハウスのアフターサービス

へーベルハウスのアフターサービス
部材ごとの保守計画をまとめた「ロングライフプログラム」に基づき、「60年点検システム」を構築。定期的に建物の不具合や劣化を細かく入念にチェックすることで、住み心地と資産価値を高く保ちます。また、設計図・仕様書から建築後の点検・メンテナンスの履歴まで、1棟目から全物件で「邸別カルテ」永久保存しています。

へーベルハウスの2世帯住宅

へーベルハウスの2世帯住宅
へーベルハウスは2世帯住宅のパイオニア。新しい親子同居の住まい方を求め、いち早く1973年から2世帯住宅の研究に取り組み始めたへーベルハウス。1975年に初めての2世帯住宅を発表。「2世帯住宅」という商品や言葉を創り出したのも、へーベルハウスでした。30余年にわたって積み重ねてきた研究成果と豊富なノウハウが、一邸一邸に結実しています。

へーベルハウスの3階建て

へーベルハウスの3階建て
ラム君のCMでおなじみのへーベルハウスの3階建て。1981年から販売を開始し、3階建てとして初めて実大振動実験を実施し、メーカーで初めて制震構造を標準仕様化するなど、耐震性の強化にも努めてきました。へーベルハウスの強靭な構造から生み出される大空間で、ピロティガレージを作ったり、収入を生み出すスペース(賃貸併用、店舗併用)を作ることが容易にできます。

へーベルハウスの耐震性

へーベルハウスの耐震性
へーベルハウスは、「制震フレーム」と「剛床システム」を組み合わせた「ハイパーフレーム構造」で空間自由度は高いまま、万一の地震に対しても安心な性能を備えています。長年の耐震構造の研究から独自の制震テクノロジーを開発。それまで超高層ビルなどで利用されていた「制震」を工業化住宅で初めて標準仕様としました。

へーベルハウスの将来対応設計

へーベルハウスの将来対応設計
ロングライフ住宅のへーベルハウスの構造は、柱や構造壁が少なくすむため、大空間を確保することが出来ます。これによって、新築時の設計自由度が高いだけではなく、間仕切壁の移動・除去を容易にし、将来の間取りの変更にも柔軟に対応できます。

へーベルハウス多摩支店へのアクセス

旭化成ホームズ株式会社 多摩支店

〒190-0012

東京都立川市曙町2-36-2ファーレ立川センタースクエア8F

電話:0120-292-802

お電話からのお問合せ

0120-292-802